基礎知識

作成日:
コンテンツ番号:1240

原始取得

意義:ある権利を前主の権利に基づかず独立に取得すること

詳細解説

所有権を取得する原因として大きく1. 承継取得、2. 原始取得とに分けられます。

1. 承継取得

前の所有者の権利を前提として所有権を取得するもので、売買、相続がこれに当たります。

2. 原始取得

いきなり自分のものになる場合ですから、前主のもとでついていた権利などとは無関係に新たに権利を取得することになります。法律で定められている代表的なものとしては、時効取得即時取得無主物先占遺失物拾得埋蔵物発見などが挙げられます(※無主物先占とは、誰のものでもない動産を取得する場合です)

例えば、抵当権付きの不動産を一定期間占有し、時効が完成すると所有権を取得することができますが、時効取得は原始取得であるため、抵当権がついていない不動産として所有権を取得することができます。

手のひらに家のオブジェ

借地権・底地の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた借地権・底地の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談・売却査定フォーム