山内 亘 | 専門家の紹介

弁護士
山内 亘
長野県出身

弁護士。早稲田大学法学部卒。東京弁護士会所属。テレビ朝日「シルシルミシル」の法律解説でもおなじみの敏腕弁護士。相続や借地権トラブル、離婚等の家事事件、交通事故、労災など一般の社会人に起こりうるであろう案件を中心に、その解決へ尽力する。

略歴

長野市生まれ 早稲田大学法学部卒業
平成19年9月 弁護士登録(東京弁護士会)みらい総合法律事務所入所
平成25年4月 みらい総合法律事務所パートナー就任
平成27年1月 ちよだ相続相談センター共同代表就任
平成29年 東京弁護士会常議員、日本弁護士連合会代議員
みらい総合法律事務所

専門知識を知らないことで損をしないために

理不尽なことで困っている方を助けたい

大学を卒業後、2005年に弁護士資格を取得、2009年にみらい総合法律事務所に入所しました。
その後弁護士として経験を積み、2013年にはみらい総合法律事務所のパートナーに就任しています。
これまで関わった案件は、債務整理、知的財産関係、企業法務、刑事事件、不動産関係など多岐に渡り、複雑な案件も多く解決してきました。
昔から人一倍正義感が強く、理不尽なことで困っている方、また本人が気づかれないようなところで損をしてしまっている方を助けることができるという点で、弁護士という仕事にやりがいを感じています。

“知らなかった”が原因の不利益を減らしたい

世の中には知らないことによって損をしてしまうものが数多くあります。
その中でも法律は、知らない事による不利益が大きく、私が弁護士になって目指していることは、法律を知らないことによって損をする人が一人でも減るようにな社会を作り上げていくことです。
借地権・底地権に関しては、借地人と地主という関係性が特殊な所有権で、トラブルも発生しやすいため、毎日多くの借地人・地主さんからご相談いただいています。専門的な知識があれば、相談者様が不利にならない形でトラブルを解決することも可能ですが、多くの方は法律について詳しくはないために損をしているケースも多くございます。
そもそも、借地権・底地権にまつわるトラブルの解決の方法は多岐にわたるため、どのような解決方法が適しているかは、専門家でないと判断できません。皆さんが損をすることがないよう、最適な解決方法をご提案します。

実績

相続に関しては、一般の方向けの本を執筆しています(「相続のことがマンガで3時間でわかる本」明日香出版社)。
他士業と共に「ちよだ相続相談センター」を立ち上げ、その共同代表にも就任しています。
また、不動産業者や一般の方向けのセミナーも多数行い、相続の相談件数は年間100件を超えているなど、確かな知識や豊富な経験に裏打ちされた対応を行うことが可能です。
個別の事案においては、依頼者の要望を細かく聞き、最大限その希望がかなえられるように努力を怠りません。
相続は、少しの知識や努力の差で依頼者が得られる利益が大きく変わってくるため、弁護士の中でもその専門家に相談することが重要です。相続のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。