借地権

作成日:
コンテンツ番号:3406

承諾が必要になる増改築の範囲

修繕?改築?

建物の維持に関して修繕することは、借地権者さんに認められる当然の権利と言えますが、どこまで修繕でどこからが改築なのか判断は難しいことがあります。具体例を挙げ考察してみましょう。

雨漏りの修理、外壁のペンキを塗り替えなどは、建物の維持に関することなので、修繕に当たると考えられます。

雨漏りのため壁紙の下にカビが生えている画像

一方、とたん屋根を瓦屋根にする、畳からフローリングにするなどは、建物維持のためとはいいがたく、改築に当たると考えられます。

畳からフローリングに改築イメージ

基準としては、「建物を維持するためかどうか」、が重要な判断要素となります。とはいえ、明確な判別がつきにくいものもありますので、念のため地主に相談する方がトラブルを回避するためにも無難と言えます。

  • そもそも、契約書に増改築禁止特約が記載されている場合は、地主の承諾が必要になります。

借地権・底地の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた借地権・底地の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談・売却査定フォーム