用語集

作成日:
コンテンツ番号:1328

地役権(ちえきけん)とは

意義:設定行為で定められた目的に従い、自己の土地の便益のために他人の土地を使用する権利

詳細解説

民法280条:「地役権者は、設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利を有する。…」

引用元: より

例えば、甲地への通路が狭く自動車が入れない場合に、乙地の一部を通行する権利を設定する場合(通行地役権)がこれに当たります。

公道と自分の土地の間にある他人の土地(私道)を通行する事を表す図

借地権・底地の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた借地権・底地の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談・売却査定フォーム