用語集

作成日:
コンテンツ番号:1582

建物買取請求権とは

借地契約が終了したときに、借地人が建てた建物を地主に対して買い取るよう請求できる権利のことです。

借地契約が終了した時に借地人が建てた建物を地主に対して買い取るよう請求している図

買取価格は時価となっています。(借地借家法13条)
契約が終了した場合には更地にして返すのが原則ではありますが、常にそれではせっかく建てた建物は常に取り壊す必要があり、社会経済に照らし妥当ではありません(もったいないということです)。

そこで、なるべく建物を存続させるために認められている制度です。この権利は、請求した段階で契約が認められる権利(形成権)であり地主の承諾は要りません。

借地権・底地の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた借地権・底地の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談・売却査定フォーム