底地(貸宅地)

作成日:
コンテンツ番号:1774

借地権者が底地を時効取得することはあるのか

地主Aが亡くなりA と借地権設定契約を行なっている借地人Bが底地を時効取得できず、相続人CがAの底地を相続する図

地代の支払いがあれば原則としてありません。

詳細解説

民法612条

1項 二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。

2項  十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

とあります。1項が悪意取得、2項が善意取得と呼ばれるものです。どちらも「所有の意思をもって」とあり、所有権がある意思が無ければ、そもそも時効により所有権を取得することは出来ません。

例えば、事例のように地代を支払っている場合、「土地を借りている」ということ、つまり、土地の持ち主ではないことを認めているので、「所有の意思をもって」と言う条件が満たされず、借地権者が底地を時効取得することはありません。

  • ただし、逆を言えば、借地権者が地主に対して地代も払わない場合、時効取得することがあります(諸条件を充足する必要はあります)。

借地権・底地の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた借地権・底地の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談・売却査定フォーム