用語集

作成日:
コンテンツ番号:1419

親族の範囲

親族の範囲とは

(親族の範囲)
民法725条:「次に掲げる者は、親族とする。
一  六親等内の血族
二  配偶者
三  三親等内の姻族」

引用元: より

  • 姻族とは、婚姻によって発生する血縁関係です。

(親等の計算)
民法726条1項:「親等は、親族間の世代数を数えて、これを定める。」
同条2項:「傍系親族の親等を定めるには、その一人又はその配偶者から同一の祖先にさかのぼり、その祖先から他の一人に下るまでの世代数による。」

引用元: より

親族の範囲の図

親等の計算は、相続の際に重要になります。法定相続人は、まずは親族の第一順位にあたる配偶者と直系卑属、地祇に第一順位がいなければ第二順位にあたる配偶者と直系尊属、そして、第一順位、第二順位共にいなければ、第三順位になっている配偶者と兄弟、姉妹となっていきます。

(親族間の扶け合い)
民法730条:「直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない。」

引用元: より

とあるように、直系血族、同居している親族は相互に扶養義務を負うことになります。

借地権・底地の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた借地権・底地の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談・売却査定フォーム